田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴る田舎暮らしのブログです

飾り棚を作ってみた|ケヤキの木の壁掛け棚

f:id:KG555:20190901104240j:plain

壁に貼り付けられる比較的軽量な飾り棚を作ってみました。ちょっとデザインがずれているのは内緒。

子供の机の横の壁に付ける予定です。

まぁ、どうせおもちゃでいっぱいになるんでしょうけど…

f:id:KG555:20190831213736j:plain

100均の素材とかで造ってるものに似てるけど、材料は立派。しっかり作ったわよ。

飾り棚は作るのが簡単なはずだったけど…

f:id:KG555:20190831210608j:plain

ヤフオクで10cm×150cmのケヤキの板が4枚揃って売っていたので購入。

ケヤキは硬いですが、それだけに薄板でも強度があります。今回買ったケヤキは、板面もきれいだし、ほとんど加工せずに使いたいと思います。

デザインは限りある板の長さに合わせます。

材料費:板 6000円ほど + ビスケット・塗料など(手持ち品)

棚サイズ 縦620mm 横900mm 奥行100mm

 

f:id:KG555:20190831211227j:plain

まずは必要な材料をサイズ通りにカット。

 

f:id:KG555:20190831211059j:plain

揃えました。

 

f:id:KG555:20190831211308j:plain

木目や反りなどを見ながら、板の配置を決めます。

 

f:id:KG555:20190831211424j:plain

薄い板なので、継ぎをどうしようかとおもいましたが、ビスケットジョイントでもなんとかいけそうなので、試してみます。

 

 

しかし・・・

 

穴開けまちがったぁぁ!!!!

f:id:KG555:20190831211543j:plain

こんな感じで、2度ほど、失敗してしまいました・・・

おかげで、長さがどんどん短くなってしまいます。

予備板もあってよかった><

 

f:id:KG555:20190831211651j:plain

なんとかビスケット穴の加工できました。

 

f:id:KG555:20190831211805j:plain

そして、仮組みをしていったんバラしているときに・・・

 

 

ギャー、割れたぁ!!

f:id:KG555:20190831211855j:plain

ホント、声でましたわ、、、(泣

 

最近失敗率が高くなっています。

加齢なのか…( ゚Д゚)!

 

 

それでも

3秒ルールならぬ、3分ルール!

f:id:KG555:20190831212005j:plain

割れたカケラをなんとかタイトボンドでくっつけて戻します。

ナンマンダァ!

 

f:id:KG555:20190831213154j:plain

いよいよ組み立て作業。クランプと水・紙・歯ブラシ・タイトボンドなどを用意。

板は、内側になる面だけは、#240のサンドペーパーできれいにしておきます。

 

 

 

f:id:KG555:20190831212051j:plain

そしてボンド付けです。

久しぶりに焦る焦る!

タイトボンドは15分で固まるし、継ぎ目が多いし、うまく合わないしで、てんやわんや・・・

 

f:id:KG555:20190831212216j:plain

染み出したボンドは早急に歯ブラシを使って水洗いします。

洗って拭いて洗って拭いて・・・

 

f:id:KG555:20190831212640j:plain

死闘の跡・・・

 

f:id:KG555:20190831212249j:plain

直角も確認。

さすがBESSYクランプ。性能は最良!

 タイトボンドは通常の木工ボンドとちがって、1日待つ必要がなく、数時間でクランプを外して次の作業に進めます。

 

f:id:KG555:20190831212619j:plain

先程割れたホゾの部分。ぴったりくっついてました(喜

 

f:id:KG555:20190831212925j:plain

表面の板と板の継ぎ目の凹凸をカンナで削ります。

 

f:id:KG555:20190831213057j:plain

そして、最後は#240のサンドペーパーをかけて、外側は#400でしあげました。

 

f:id:KG555:20190831213428j:plain

塗装は、桐油の1度塗りです。

ケヤキにはよく亜麻仁油とかが、色が濃くなって好まれるようですが、私は比較的クリアーな桐油が好きです。

 

ワトコオイルとかオスモカラーとかのメーカー天然塗料が良いでしょうけど、純天然油で十分!

桐油に1-2割程度のテレピンオイルを混ぜて塗りました(乾きが早い)

1時間以内に、ウエスでオイルをふき取ります。

 

飾り棚の出来上がりです。

f:id:KG555:20190831210326j:plain

f:id:KG555:20190831213746j:plain

背面はなし(壁利用)

f:id:KG555:20190901104117j:plain

壁の取り付けには、板が薄いので、アンティークのアイアンクランプで取り付け