田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

とうとうこの日がやってきた|長野に移住決定!?その1 卒業とタイミング

f:id:KG555:20150320192021j:plain

卒業シーズンです。

うちの場合は卒園です(笑

数年前から田舎移住を考え、でも、子供が慣れた幼稚園を途中で辞めて、見知らぬ場所に引っ越すのはかわいそう、という結論を出してから、さらに1年がたち、

とうとう、娘の卒園式を迎えました。

幼稚園では子供もお母さんも泣きまくるほどの、たいへんだった半面、思い出の多い良いときを過ごすことができました。

今回、わかったことは、高校や大学の進学なんかよりも、幼児の入るべく幼稚園(保育園)が、その子供の人生にとっての、いかに巨大な分岐点だったかということでした。

アイデンティティの根幹を作る大事な時期を、生まれたばかりの子を持つ両親は、育て方すらわからずに、近い・安い・手がかからない、という安近短な動機で、決めてしまいがちなのじゃないでしょうか?

子育ては、実は、親がもっとも学べる時期・ものすごく自分が身勝手に考え、育ってきたということを悟るチャンスの時期でもありました。

そういう意味でも、3年+1年を、東京都内ではありましたが、よい教育環境で過ごせたのは大きかったです。

 

話は田舎暮らしにもどりますが、

卒園式をむかえるにあたって、「焦り」が頂点にたっしていたのも事実かもしれません。

もう入学式までに、物件なんかみつけるのは不可能!?

3週間をとうに切って、引っ越しもたいへんなのに、物件すら出ない。

かといって、妥協はしたくないし・・・

でも、東京で入学式をして、すぐに田舎に引っ越すのもかわいそうだし・・・

でもどうしようもなく・・・>┼○ バタッ

みたいな、思いが沸いては制し、の繰り返しでしたね。

 

17日の卒園式。

「もう、東京暮らしがつづいてもいいかな・・・」

すこしあきらめも入っていました。

そして、いつものように、ネットであちこち見ていましたら…

とある地元の不動産のページに、広大な農地付の家賃3万円の物件をみつけました。

「こ、これは!?」

 

続く。

 

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net