田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

自宅でコーヒー焙煎方法をまとめてみた|フライパン焙煎の完成版

f:id:KG555:20150930084952j:plain

コーヒーを家庭で焙煎し始めてから、数ヶ月になりました。

コーヒー生豆はほぼ5kg単位で購入し、キッチンで焙煎するのも手馴れたものになってきました。

正直、自分で焙煎したコーヒーは焙煎の味もブレが少なく、極めてすっきりで美味しいです。

もう既成のコーヒー豆を手に入れることはないでしょう。

なぜフライパンで焙煎するのか

焙煎機・ロースターは高額です。

ほかにもゴマ煎り網や陶器などで焙煎するやり方がありますが、焙煎できる量が50g~100g程度で少量しかできないことと、チャフ(コーヒー豆の殻)が飛び散るので屋外などでやる必要があり面倒なこと、などの理由で、フライパン焙煎をやっています。

私の場合、300g+くらいまでは問題なく焙煎できます。

   

フライパンを使ったコーヒー焙煎の方法をまとめてみた

用意するもの

コーヒー豆

フライパン(メッシュ入りフタ付)

鍋つかみ

ザルとボール

扇風機またはウチワ

①生豆を買う

 まずは豆を取り寄せます。

いまは便利です。少量でもアマゾンから手に入ります。

②豆の選定(ハンドピッキング)

不良豆をチェックします。

詳しくは過去記事を参照してください。  

 ③豆をブレンドして計る

f:id:KG555:20150930090105j:plain

今回は我が家のオリジナルブレンドを焙煎します。

ブラジル・タンザニア・コロンビアを1:1:1でブレンドします。

量は角100gで計300g

初めはブレンドせずに同じ銘柄を焙煎していました。

そうしないと、安定した焙煎で味をだすことができませんから。

慣れたら、お好みで焙煎しますが、ブラジル系、アフリカ系、中米系をまぜるのがオススメです。

④豆を洗う

計量した豆をさっと洗います。

お米を研ぐように洗う人もいるようですし、洗わない人もいるようです。

私は、豆についた汚れを落とす意味で、軽く2回水ですすぎます。

洗うとわかるんですが、けっこう汚れています。

f:id:KG555:20150930085933j:plain

※その後、豆を洗わずに焙煎しています。

洗うと香りが飛ぶような感じと、焼きあがり方が若干ことなります。

洗わないほうが美味しいかも!

⑤暖めたフライパンで焙煎

f:id:KG555:20150930090559j:plain

私はデバイヤーというフランスの厨房用フライパン36cmを使っています。

それも、グリルパンといって底面が波型になっています。

フライパンを回すときに、豆が転がってなるべく焼きムラにならないようにするためです。

f:id:KG555:20150930090803j:plain

フタは重要です。これがないとチャフ(豆殻)が飛び散ってキッチンが大変なことになります(笑

フタがあれば多少は隙間からチャフが出ますが、台ふきでさっと拭く程度の少量にできます。

フタも特殊で、通常ガラスになっている中央がメッシュになっています。密封しては焙煎できませんので、水分は飛ばさないといけません。

f:id:KG555:20160408154950j:plain

このフタは少々大きめで、プライヤーペンチを使ってフライパンにパチン!とピッタリセットできるようにしています。

これでフライパンを回してもフタが外れることはありません。

  

 

ガスの火は中火で15分~18分で焙煎終了

f:id:KG555:20150930091447j:plain

豆を投入したら、フタをしてフライパンを定期的に回していきます。

このとき一番難しいのが火加減です。

調節メモリがあるようなコンロが欲しいですね。

毎回微妙に違う火加減をコントロールしています。

フライパンを回すタイミングは、5-10秒に1回くらい?

頻繁に振っていれば焼きムラがすくなくなります。

ハゼは2回だけど、来ない豆もある

f:id:KG555:20150930091728j:plain

コーヒーを焙煎すると、パチパチと弾ける「ハゼ」が聞こえます。

通常2回、間隔を置いてきます。

フライパン焙煎の場合、量にもよりますが、10~13分で1回目のハゼ、15-17分で2回目のハゼが来ます。

豆の理想の焙煎度により、焙煎をいつ止めるかを決めます。

ところで、ハゼが来ない豆もあります。そのときは、時間や焼き色などを見て終了させます。

焙煎については過去記事に上げています。 

⑥焙煎した豆を冷やす

f:id:KG555:20150930092453j:plain

焙煎した豆を、さっとザルに移します。

このままでは、豆の中がまだ高温で、放っておくとそのまま炭のようになってしまいますので、すぐに冷やします。

私は、玄関先にサーキュレーターをあらかじめセットしておいて、火から外した豆を、いそいでザルにあげて、サーキュレーターの上に置きます。

このとき、不要なチャフも飛ばしてくれます。

ただ、チャフがそこらへんに飛び散ります(笑

  

⑦焙煎完成! パッケージしてみる

f:id:KG555:20150930092744j:plain

冷めたら密封瓶にいれてなるべく酸化させないようにします。

f:id:KG555:20150930092835j:plain

あまりに美味しいので、人様におすそ分けできるようにコーヒー豆専用の袋も購入。中はアルミ加工で、コーヒーからでたガスが抜けるようになっています。

f:id:KG555:20150930092948j:plain

専用のシーラー(圧着)でかんたんに密封できます。