読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

作業台を自作するのだ|テーブル板を作る

f:id:KG555:20151130223629j:plain

ワークベンチを作成中、つづきです。

 

今回は、作業台のテーブルとなる板をセットします。

メインには、なるべく反りのない板で見た目もよいものということで、パイン集成材を採用。

1800mm×600mmをそのまま使うことにしました。

といっても18mmの厚さなので、これ1枚ではちょっとしなってしまいます。

そこで12mmのラワン合板と張り合わせました。

f:id:KG555:20151130224004j:plain

ラワン合板とパイン集成材に水をしみ込ませます。

f:id:KG555:20151130224105j:plain

木工ボンドを塗ります。

これはもっとたっぷり塗ればよかったです。

f:id:KG555:20151130224149j:plain

ハケで薄く延ばしました。

このとき、板に水をつけていないとすぐに乾いてしまいます。

 

 

f:id:KG555:20151130224242j:plain

張り合わせたら、手持ちのクランプを端っこに挟んで、真ん中に重しをのせます。

端からボンドがにじみ出てくるので、きれいに水拭きします。

クランプが足りなくて、コーナークランプやクリップなど使えるものはすべて活用しました・・

Fクランプをもっと用意しておくべきだった。

 

f:id:KG555:20151130224515j:plain

数日後、しかし、貼り付け方が悪かったのか、合板が薄かったのか、けっこう反ってしまいました。

ランバーコア合板にすればよかった><

高いけど・・

とにかく、反りをなんとか修正しなければなりません。

f:id:KG555:20151130224701j:plain

先日、思い切って買った富士山が描かれた寸八カンナを使います。

f:id:KG555:20151130224812j:plain

ちょっと重くて手が疲れますが、なんという切れ味♪

ステキです♪

でも反りをすべて取るのはちょっと難しいようです。

なにせ、下の合板からきれいにカーブしています・・

f:id:KG555:20151130224959j:plain

しかし、作業台の脚に加重をかけながらビス留めしたところ、ほぼ反りが解消されました♪

シンプソンのアングルで固定しました

 

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net