田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

田舎暮らしで失敗したくない|移住するために必要なことは!? 八ヶ岳に移住してみて気づくこと

f:id:KG555:20160905171325j:plain

以前、私が移住するために、都会からどうやって田舎暮らしにシフトしたか、という記事を書きました。


今回は、 移住することによる心構えというか、【在り方論】的なことを書いてみたいと思います。

というのも、移住・田舎暮らしで失敗して帰ってしまうケースというのが多い、というのが最近よくネットやニュースなんかでみかけます。

まぁ、「あるある」なのでしょうが、それはどうも「あこがれ」と「現実」の二元的思考になっているからと思えて仕方ありません。

田舎に移住にむけてのノウハウとかは確かにいろいろあります。ただ、ここでは、心のスタンスというものに焦点を絞って私なりに書いてみます。

田舎の人付き合いは大変っていうけど…

田舎暮らしでひとつの大きな壁になるというのが、地域の人たちとの人間関係、ってよく言われます。

確かに私もそんなドロドロした関係は苦手です。

でも、それもちょっとヘンですね。

私は東京から石垣島まで、いろんなところで「住む」という経験をしましたが、場合によっては人間関係、大変です。

…どこにいってもね。(今はあまりないけど(笑) 

それって、田舎とか都会とか、関係ないです。

都会のほうが近所関係が少なくて済むと思うかもしれませんが、その代わりの対価を別の次元で支払っていたりします(わかりますか?)

都会のほうが、同調できる人が多くみつかることも多いかもしれませんが、同調できない人も盛りだくさん(笑)

やはり問題は、ソコではない可能性もあると思います。

本人の意識のなかに、いつまでたっても「悪役」が登場するとしたら、それは本人の問題なのですよぉ。。

   

不便で不便な田舎暮らしが嫌い?!

20年前までは、スマホすらなかった時代、スマホのようなものがなくて不便と思ったでしょうか?

今では、スマホがないと、生きていけないと思ってませんか?

山登りからキツサを抜いたら、山登りになりません。

不便を覚悟で田舎暮らしをするのと、不便を楽しむスタンスで田舎暮らしをするのとはワケが違います。

老後の移住で失敗というのをよく聞きますが、どうも事例を見ていると無知すぎます。

それは知識ではなく、知恵がないということも考えられます。

自分で生きていく術を身に着けていることも、ある意味大事なんじゃないかな、っと。

ただ、私の場合、願ってもなく便利な田舎でした。

周りは近くになんでもあり、不足物は最近のネット通販でなんでも揃い、交通網も近く、完璧です。

便利な田舎暮らしという視点でみるのもいいかもしれません。

【過去記事】


そもそも自身にセンサーが実装されていないとわからない|直感的に生きる

そこの田舎の場所が、自分にとって心地よいか、直感的にいいか、そんなことも分からないまま、条件が良いとか、補助が出るとか、物理的なものしか見えずに決めている時点で、失敗する可能性はあるかもしれません。直感で決めることほど信頼できるものはない、と思います。そうでなければ、失敗をして、知るしかない、ということなのでしょうか。

直感的に生きていますか?

すぐに打算的になって、思考で動いていると、優雅にみえる田舎暮らしも、「実感」はないかもしれません。

実のところ田舎暮らしが、快適かどうかは、優雅な別荘だとか、古いアパートだとか、暮らしのレベルとは比例しません。

当人の思いは当人が決めるのでした。

 

今の煩わしい現実とおさらばして、田舎でのんびり暮らしたい、って思ってたらアウト

正直、「田舎暮らし」がのんびり楽しい、なんて、仕様ではありません。そんなことは、誰も言っていませんから。

場所にもよるし、状況・条件にもよります。

しかし何よりも、その人の在り方が問題なのかもしれません。

現状に不満があって、そのネガティブな環境や心境から脱するために、「田舎に行けば幸せがある」っていう感覚をもっているとしたら、

失敗します。

今の生活に、充実感を味わえなかったら、その状態が続くか、環境変化で悪化するだけです。

それは場所や物理条件の問題ではないのです。

とくに、日本のような、どうにかして「食べていける」環境であればなおさらです。あらゆる可能性が用意されているにもかかわらず、無い無いという思いを募らせているのは、まさに自分だからです。

 

田舎暮らしする前に、絶対持っておくべき秘儀とは!?

それは「感謝の気持ち」です(笑)

秘儀でも何でもないようですが、私流のこれは必殺技ですw

田舎暮らしと関係無いように思いますが、

生きるという意味において、非常に重要な感覚です。

(それの習得の仕方は、自分で探してください)

感謝の気持ちが自然にあふれ出すと、すべてがうまく回り出します。

「誰々に感謝する(すべき)」というような次元の低い認識から開放され、環境全体に無意識のうちに本当の感謝の気持ちが伝わり出します。

(精神論的なことではなく、物理の世界に直に効いてきます)

そうすると、自然の多い田舎の暮らしが、すばらしくいいものになりますよ。

マジ です

感謝