田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

田舎の子の遊び相手|少ないけど深いつながり!?

一昨日、我が家の屋根(ベンチ)から男の子の声がするので覗いてみたら、ウチの子(♀)が二人の男の子の同級生をつれて遊んでいました。

あら、めずらしい♪

田舎は、校区が広いので、いったん下校してしまうと、別の地区の子らと会うことはありません。

幸い我が家の地区には、同級生の女の子が5人もいます。

なので、しょっちゅう遊んでいるのですが、男の子は1人だけ。

この辺の子はワンパクで、やっぱり女の子が強い(?)ようです。

そして、その男の子は、別の地区の男の子と(車で送り迎えしてもらい)遊んでいます。

この日、家にきた男の子たち、けっこう楽しくやっていました(笑

 

私が小学生のときでは、子供もたくさんいて、それはそれでよかった部分もあるけど、私自身が、いつも、3-4人の徒党を組んで遊んでいた「少数精鋭」が好きな子供でしたので、田舎でのトモダチって良いなぁと思います。

少ないからこそ、相手が重要になる。

もちろん、悪友やイジメなどの問題もありますので、それも「深く」味わえますかね(笑

 

山梨の富士川町に住む友人のところは、全校生徒で36人だそうです。

ウチのところが100人ちょっとなので、1/3ですね^^;

話を聞いていると、少なくていいけど、ヤクザの子がいたりするそうです。

でも、それも、もし大勢の集まる学校であれば、その子に近寄らないとか、薄く付き合うとかできますが、36名だとそうはいきません。

否応がなしに、とことん付き合わなくてはなりませんw

しかし、それも、すごくよい経験なんじゃないかなぁと思ったりもします。

 

だからなんだっていう話ではないんですけどね。