田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

使える断熱材プラダン|プラスチックダンボールで冷気を塞ぐ

f:id:KG555:20150701215044j:plain

7月になりました。

なのに、富士見町ってば、肌寒い(笑

相変わらず寒さ対策考えています。

アマゾンやら何やらで届くダンボールが大量にあるので、それを使えないかと探っていたら、プラスチックダンボール(プラダン)というのがあるじゃないですか。

ホームセンターでコンパネサイズが1枚199円と格安。

2.5mmのものがそれで、強度は弱そうですが、プチプチよりも断熱効果は高そうです。

さっそく、試しに1枚買ってみました。

プラダンを加工して断熱材にする

加工はダンボール以上に簡単で、カッターと定規があれば、きれいに切ることができます。

f:id:KG555:20150701215400j:plain

さっそく和室の小窓をプラダンで塞いで見ました。

まぁここは開け閉めしないので、このまま枠のサイズに切って塞いでおくだけでいいでしょう。

二重窓ほどの威力はないにしても、冷気はかなりおさえられるはず。

レールを使えばプラダンを使って内窓をつくることも簡単です。

 

DIY用の2重レールを両面テープなどではりつけて、二枚重ねにするだけ。

ただし、2.5mmは薄いので、4-5mmのプラダンです。

5mmで600円ほどになります。

 アマゾンで10枚セットもありましたw

また、見栄えとさらなる効果を上げるには、ポリカボードという透明な硬いパネルが最適です。

こちらはもうすこしコストアップですが、二重窓にすると思えば格安ですね。

また、ドアノブを100円ショップなどで買ってきて貼り付けるとそれらしくなります。

 

我が家は、窓がかなり多数あるのと、窓サイズが大きいものがけっこうあるので、二重窓できないところが多いです><

ちょっと全体、どうするか検討します。