田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

国産木材を使ったローコストな規格型平屋を見つけた|スタンバイホーム

f:id:KG555:20190507134336j:plain

STAND BY HOMEより

GWの10連休中にたまたま通りかかった信濃大町で、5/1からオープンしたYATという平屋を見つけたのでいってみました。

STAND BY HOMEという理想のコンパクト平屋

f:id:KG555:20190507134916j:plain

※安曇野のモデルハウスにいったものの、写真を撮ることをわすれてしまって画像がパンフなのであしからずです^^;

先日フリークホームズのCOVACOの見積をして、家の素材などいろいろ理解できたわけですが、今回見せてもらったスタンバイホームのYAT。見る場所というか見方がわかった上で見学だったのでなかなか良かったです。

COVACOの天井に仕切られたフラットな感じに比べて、YATはリビングスペースが屋根の見える吹き抜けになっています。

そして、ロフトがついたものと合わせて3タイプあります。

f:id:KG555:20190507135857j:plain

スタンバイホーム YAT

フリークホームズとの大きな違いは、構造材や壁材に使われる木材が国産材であることです。

国産材といっても、間伐材を利用した集成材なども多く、かなりのコストダウンになっています。なんとフローリングも柱も杉材などです。また構造用合板むき出しということはなく、シナべニアも使われています。

以上からわかりますように、スタンバイホームは、地域活性化に貢献するコスパ住宅だということです。

COVACOの場合は、キッチンやバスなど設備もセットでしたが、スタンバイホームのYATは、それに加えて、デッキや塗装もすべてセットです。しかも外壁もガルバニウム+木材がつかわれていて、これで1600万円代~というのは非常に魅力的ですね!

長期優良住宅でありアフターメンテや保証もついているそうです。

 

ただ、、、

長野県の諏訪エリアは圏外だったのでした(笑)

スタンバイホームは東北発の規格型ハウスで、長野には進出ということで、2019年現在、北信、信濃大町~松本付近のエリアのみとなっていました。 

気になる方はぜひHPをごらんになってください。

standbyhome.jp