田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

DIYをやっていれば、子供にも工夫するという発想が付く、のかもしれない

f:id:KG555:20180424104449j:plain

すっかり春になりましたが、庭周りにも花がけっこう咲き始めました。

と思ったら、その花を摘んできた子供がたちがミズバナを置いていました。

f:id:KG555:20180424104653j:plain

遊ぶものは、与えなくても、そこらへんにいっぱいあるってことでしょうか。

f:id:KG555:20180424104935j:plain

こちらは空き箱やらなにやらを利用して、洗面台とバスタブができています。

f:id:KG555:20180424105140j:plain

これは…スマホ!?

f:id:KG555:20180424105207j:plain

そしてハイヒール!

分かった!

リカちゃんハウスの自作か(笑)

 

させようとすることは、自分の思い

私もどうしても、ああさせよう、こうしたほうがいい、と思ってそのようにさせようとしてしまいがちです。それは子育てに限らず、何だってそうなのですが、結局は、それは、自分自身のたんなる都合の思いだった、という結論に達します。

30年生きてきたら、30代での都合

40年いきてきたら、40代でだした良し悪しの都合

60年生きてきたら…

人が死ぬ直前に(直後でも)わかると思うことは、

子供の都合と大人の都合に、たいした差異は無かった、

ということではないでしょうか。

 

さておき、

DIYやっていることもあり、子供はそれをみて、自分も作るということに思考が向いていくようです。

物が欲しい!

買って!

でも無いなら作る!

作るのが楽しい!

 

それがDIY

そして、

じつは作るもの自体が目的ではあるのですが、

本質は、

作っている最中。

それそのものなんですよね。

DIY、いいよね。