田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

コーヒー焙煎その後、自動ロースター使って1年半 コーヒー豆について思うこと

f:id:KG555:20171012164927j:plain

フライパンでの自家焙煎から自動ロースターを使いだして1年半経ちました。

ジェネカフェを使いだして、焙煎方法や豆選びも定番化してきましたので、参考までに記します。

自動ロースターで焙煎、そしてコーヒー豆選びなど

f:id:KG555:20171012165731j:plain

わが家のジェネカフェ君。この優秀な自家焙煎機を使い続けています。故障はなし。手入れも簡単です。

 過去記事

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net

 

焙煎は、最近は月に1-2回程度。

1回の焙煎で250gほど焼けますので、それを1日で2回から3回(500g~750g程度)焙煎しています。

けっこう毎日飲みますし、我が家に豆をもらいに来たり、上げたりしていますので、消費はそこそこですねw

毎日、面倒なくコーヒー焙煎を楽しむために

で、まず豆の選び方なのですが、いろんな国の銘柄があります。

いろんな国のものを取り寄せて飲んではいますが、焙煎しているとわかってくるのですが、

なるべく豆が不揃いのものじゃないほうがいいです。

ピッキングしていて、大小の差が大きいのは、味が落ちます。

それから、カビや死豆などが多いものもあります。

ですので、豆の大きさが均等で、カビ豆などのロスが少ない銘柄の豆がベターかなと思っています。

 

わが家で焙煎する時は、

アフリカ キリマン系

ブラジル ハイロースト系

+1種類

の3種くらいを焙煎しています。

ブラジルも定番のNO2とかではなく、少しお値段がする豆のほうが不揃いなく質もよいです。

 

アフリカの豆は、タンザニアのンゴロンゴロレッドマウンテンですね。この2種は豆の不揃いも少なく、ピッキングでロスもかなり少ない最強の豆で、5kg単位で購入しています。

 

あとはインドネシアの豆もおいしいです。定番はマンデリンかな。インドネシア独特の深みのある味が好き。

 

あとはコロンビアとかコスタリカグァテマラなんかの国の豆がおいしいです。

焙煎では、タンザニアとブラジルベースにして、ブレンドしたりもしていますが、豆の大きさが小さすぎたり大きすぎるのは避けています。

 

自動ロースターで焙煎するコツ 

さて、ジェネカフェを使っていますが、他の焙煎器も同じでしょうが、煎り具合をみるのは人です。そこまで自動で見てくれません。

焙煎の度合いは人の目と耳で行わなければいけなく、火をとめるのは手動でいつもやってます。ジェネカフェにはタイマーが付いていますが、1分前にアラームが鳴るので、その時点で、焙煎を止めるタイミングを見ます。

慣れてくると、この豆は18分、この豆は16分とか決まってきますので、焙煎中にずっとロースターとにらめっこしなくて済みます。

 

難点は、煙が出ます。コーヒーの香りが家中に充満して、カフェ気分は良いのですが、さすがに換気扇の近くということで、キッチンにガッツリ置くために、台所を使わないタイミングで焙煎する必要がありますね。

慣れるとなんでことないです。