田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

木工用集塵機の自作|安価なダストセパレーターと集じん袋で手っ取り早く作ってみる

f:id:KG555:20160730011218j:plain

集塵機ネタです。
木工用の自動カンナ用に、集じん装置を作ってみました。

作ってみたといっても、市販品をつなぎ合わせただけで簡単です。

最近はダストセパレーターも安価で買えるようになってきましたのでそれに合わせられるパーツの紹介をしてみます。

安いダストセパレーターとマキタの集じん袋で作る集塵装置

f:id:KG555:20160730011821j:plain

この直径560mmのサイクロン式のダストセパーレーターが、ヤフオクで3000円くらいで売られています。

ヤフオクのダストセパレーター

これは、大型(90Lクラス)のペール缶やゴミ箱のサイズです。

大型のゴミ箱といってもメーカーや品によって直径もまちまちなので、ぴったり合うものがわかりません。

で、このダストセパレーターにぴったりなペールゴミ箱がこれでした

 

集塵の吸い込み力が強い|集じん袋を併設

f:id:KG555:20160730013326j:plain

ダストセパレーターのホースジョイントの径は100mmでしたので、ホース変換アダプターでサイズダウンしました。

 ホースは65径のものでよいとおもいますが、私は、硬質ダクトが2mほど残っていたので、それをつかいました。