田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

自然の中に溶け込もう|田舎暮らしで新しい自分を引き寄せる 八ヶ岳移住生活が癒しです

f:id:KG555:20160720190833j:plain

ここ最近は、ほんとうに自由なんだな、という思いを感じながら過ごしています。

いつだったか忘れましたが10代の頃は、「なんで65歳まで働かなければならないのか。人生の大半を働いて(労働)すごすなんて世の中どうかしている。楽しく遊んで暮らしたいのに…せめて40くらいで働くのは終わらせたい」

などと、ネガティブな思いをたぎらせていました(笑)

どうしようもなくイヤイヤに生きていた人生だったのかな^^;

私の育った環境は決して居心地のよいものではなく、孤独感の強い(個別意識の高い)子供で育ってきましたから、かなりひねくれていたのは間違いありません。社会適応は難しいパターンです(それが良かったのですが)

しかし気が付いてみると、40も過ぎるころから、仕事(収入)はしているのですが、仕事(義務的作業)をしているという気持ちは消えました。

ここ数年で自分の心境も加速的に変化しました。

その変化のおかげで、田舎暮らしをはじめるに至っては、ほぼ、好きなことしか選択していない生活という境遇になっています(もちろん生活のいろいろなやるべきことがありますよ)

そして、いま、さらに自由な感覚が日増しに強化されつつあるのを感じています。

それは、ラッキーだったのでしょうか?

かなりそうだと思います。

ただし、ラッキーだったのは、そんな環境だからなのではなく、環境(世界)は自分が造り出している、ということに気付いた事でした。

世界の中に自分が生きているのではなく、世界が自分そのものであるという感覚

自然の中に身を置くと、そもそも、そこには定義するものは何もないことがわかります。

思考を止めて、誰もいない八ヶ岳の森の中で、風が吹くのを感じて、木がゆれるのを見て、鳥が鳴くのに耳を傾ける(本気でそれをする)

そんなところを歩いていますと、気持ちがいいし、ただ感謝の思いが湧いてきます。

そしてそこには、意図する人工物がないので、打算的なことや、将来的な計画性、不安による行為、人へのねたみ、イラつき、過去の悩み、などいわゆる人の作り出すものが、そもそも、世界にはいっさい存在していなかったいことが理解できます(即是空)

 

・・・ただ、風が吹いている・・・

The answer is blowin' in the wind

 

そんな場所へ自宅からわずか数十分で行ける境遇というのは、なんと恵まれているのでしょう。

田舎暮らしは最高…いや、田舎暮らしをしている今が最高です。

感謝