田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

自宅焙煎コーヒーの飲み比べ|その後も美味しく飲んでいる

f:id:KG555:20160503135604j:plain

コーヒーの焙煎、だいたい月に2回ほどやっています。

1回の焙煎でだいたい300g、を3回おこなっていますが、個人で飲むので、いろんな種類を焙煎するわけにはいかず、けっきょくは、飲みやすいマイブレンドが定番です。

最近は少々マンネリ化してきたので、今日は思い切って単銘柄のコーヒーをいくつか焙煎してみました。

 

コーヒー豆は洗わずに焙煎

豆を煎る前に、すこし洗っていたのですが、止めにしました。

洗わないと、少々焙煎の色などが変わってきますね。

 

豆はほぼ、生豆本舗さんから購入しています。

ここの豆はなんとなく安心できますし、コーヒーの評価シートや説明もありますので分かりやすいです。

そして、質問などにも丁寧に答えてくれますので、いろいろ勉強になします。(初めてならアマゾンが買いやすいです)

 

生豆の買い方

生豆は長期保存できるとはいえ、やはりお米と同じで新しいもののほうがいいにきまっています。なので、なるべく収穫年が新しいものを選んできます。

それから、高ければよいかというと、そうとも限らないし、銘柄でも収穫年によって出来栄えも違うでしょうし、なんともいえませんね。

 

今回は、ブラジルのイパネパ農園ドゥルセ  同じくブラジルのニブラ、そして、ルワンダのCOEルワコフ、インドネシアのマンデリン・セブンステラ、などの生豆を取り寄せました。

はじめは、ブレンドせずに単一で焙煎して、そのコーヒー豆の味を味わいます。

その他に、グゥアテマラ・ピーベリー、ペルー・マチュピチュ、コロンビア・ナリーニョコンサカ/スプレモ、タンザニア・ンゴロンゴロなども飲んでます。

 

うん、どれもおいしい♪

…じゃあ何だっていいんじゃないかっていう気もしますが。

f:id:KG555:20160503141031j:plain

知人にもおすそ分けしています。

 

コーヒー自宅焙煎の過去記事はこちら

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net