田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

勉強用デスクの完成!|斜めに傾斜した学習机の自作【後編】

f:id:KG555:20160322033055j:plain

やった♪ 完成!できあがってみると、カッコイイです!

木曽檜と吉野桧の夢のコラボデスク♪

てか、自分で使いたいよ、この机(笑

子供が嫉妬しています。「なぜ甥っ子にだけ作るの!」

って、キミには作ってやろうかと言ったら、ヤダ買うといってアレを買ったではないか(汗

かっこよすぎた自作のケヤキの木の勉強机

f:id:KG555:20160322033242j:plain

ヒノキの板がちょっとどうかなと思っていましたが、欅の枠をつけると引き締まって見栄えがいいです。使うときは、傷つかないように透明のデスクマットを使います。さらにマットに上から鉄の板をくっつけてマグネットで固定できるようにする予定です。

f:id:KG555:20160322033504j:plain f:id:KG555:20160322033609j:plain

足もとはスッキリ使えるようにアイアンの脚をつけました。

土台となるパイン材に、↑このように斜めの受け木をつけて角度を15度にしています(固定)

鉛筆などが置けるように、手前にトレーとなる溝を付けています

f:id:KG555:20160322033854j:plain f:id:KG555:20160322033939j:plain

桟を利用した引き出しもつけました。

両サイドには手さげ袋などぶら下げるフック(ただの棒)を設置。

f:id:KG555:20160322034133j:plain

トリマーの削り過ぎなどのミス箇所は、想い出を残すためそっとしておきます(手抜きです)

材料代は2万円弱ってところでしょうか。

 

斜めのテーブルを置く土台を作る①

f:id:KG555:20160322132013j:plain

土台には、ホームセンターで買ったパイン集成材(600×900)、補強の桟にはSPFのツーバイ材を使います。

いろいろと考えた末に、ここはコストと手間の削減

f:id:KG555:20160322132234j:plain

桟木に適当にダボ用の穴を開けて、ダボマーカーで土台板にマーキングしてから穴を開けます。

f:id:KG555:20160322132357j:plain

ベッセイのクランプが2本届いて4本になったので、これで固定します。

このクランプが横置きも立て置きも出来て、最強に使いやすい!

f:id:KG555:20160322132556j:plain

次に杉のツーバイ材をカットして土台の後ろの支柱にします。

f:id:KG555:20160322132641j:plain

マイターゲージを15度にセットして丸ノコでカット

f:id:KG555:20160322132715j:plain

4枚同じものを作って、2セットにします。こちらもダボマーカーを使ってダボで張り合わせます。

f:id:KG555:20160322132836j:plain

クランプでしばし固定。

f:id:KG555:20160322132914j:plain

こんな感じです。

 

f:id:KG555:20160322132958j:plain

次はケヤキの残り板を使って手前に置くペンケースの溝を掘ります。

f:id:KG555:20160322133107j:plain

U溝ビットを使えば、きれいな底面ができます。

が、掘削中にトリマーのガイドが緩んで、真ん中あたりは掘り込み過ぎました。

もうこのままにしておきましょう(笑

f:id:KG555:20160322133304j:plain

このペンケースの板は、天板を手前で止める役目もあるのですが、15度に傾いた天板とぴったりあわせるために、側面を斜めに削ります。

カンナなどではラチがあかないので、ルーターテーブルに、先ほどの杉の支柱のときに15度に切った木っ端を並べて、ここにケヤキ板を合わせて削ってみます。

f:id:KG555:20160322133525j:plain

まぁ、上出来でしょう!

f:id:KG555:20160322135208j:plain

トリマーのビットで適当に面取り加工してペーパーをかけます。

f:id:KG555:20160322134157j:plain

支柱と土台をダボでくっつけます。

このとき、天板との密着具合をみて、長さを調整しておきます。

f:id:KG555:20160322134423j:plain

だいたい密着していれば、ボンドで固定。ベッセイクランプ使いやすい(2度目

f:id:KG555:20160322140525j:plain

しかし接着すると、若干密着角度がずれてしまいました。ここは難しいですね。

f:id:KG555:20160322134540j:plain

次にケヤキの長板のほうもくっつけます。

ひだすらダボ継ぎ作業です。

f:id:KG555:20160322134632j:plain

ここは隙間なくがっちり固定します。

f:id:KG555:20160322134739j:plain

土台の形になりました。

ここで使った道具

  

 机の引き出しを作る 

f:id:KG555:20160322134820j:plain

引き出しのつき板(手前の板)をケヤキの白太にします。

f:id:KG555:20160322135143j:plain

カットしたら、溝をいれます。4mm

f:id:KG555:20160322135314j:plain

ちょうど家にあったベニアがピッタリだったので、そのままボンド付けします。

f:id:KG555:20160322135348j:plain

引き出し受けのレールは、桟木に溝をあらかじめ掘っておきました。

f:id:KG555:20160322135448j:plain

桟木は土台からすこしはみ出るくらいでダボ継ぎしておいて、最後に、ノコで切ってきれいに仕上げます。一応マスキングテープをしてカットします。

f:id:KG555:20160322135935j:plain

今回、シルキーウッドボーイという市販の片刃ノコを手に入れました。

ノコ刃にアサリ(左右の出っ張り)が無いので、切れ跡が非常にきれいです。

導突目は、9寸目・8寸目よりも細かく、ホゾ切作業には最適です。

f:id:KG555:20160322140314j:plain

引き出しの枠は適当な余り木をカットして、木工用ビスでとめます。

した穴をほったほうが割れにくいです。

ここで使った道具 

  

 天板を仕上げて塗装する

f:id:KG555:20160322140454j:plain

最終局面にきました。

天板をサンダーできれいにします。

ペーパーは#240→#320→#400ってところです。

手でやる場合は、サンディングブロックが使えます。

f:id:KG555:20160322141048j:plain

磨き終わったら、塗装します。

天板は、亜麻仁油、土台は蜜蝋クリームを塗ります。

塗って30分程度で、いったんキッチンペーパーで空拭きしました。

亜麻仁油のほうが割高ですが、しっかり浸透します。土台は蜜蝋で十分です。

数日したら、天板もさらに蜜蝋で仕上げると完璧になります。

ここで使った道具

 

アイアン鉄脚をつけて学習机の完成!

 f:id:KG555:20160322141417j:plain

タケラボさんから購入した、外開きのアイアンの脚を取り付けます。

ビス穴をトレースしてドライバーでねじ込んだら完成です!

f:id:KG555:20160322141947j:plain

あとは、ヒノキなので、傷つかないようにデスクマットを敷きます。

いやほんと、カッコイイじゃないの!

使いやすいかどうかは知らないけど・・・

↓からの続きです

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net