読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

勉強用の机を作ることになった|斜めに傾いた学習デスクを自作する【前編】

f:id:KG555:20160320173747j:plain

すっかり風が春めいてきました。

4月からは新学期がはじまります

で、私には都会に暮らす甥っ子がいるのですが、今年、大学受験、らしいのです。

LINEでメッセージがきました

f:id:KG555:20160320174131j:plain

一つ返事で勉強机を自作することに

後先考えずに引き受けたけど・・これはやられたか(汗

このあと、机の条件があって、机の台が15度手前に傾いているのが欲しいそうです。

f:id:KG555:20160320174802j:plain

いや、わかるけど・・わかんない(笑

 

↑こういう作業デスクですね。

ウチの子には既成の学習机を購入したというのに…

   

天板が斜めの机をどうやって作るの!?

アルミやパイプなんかのデスクではよくあるのですが、木でつくるとなると、ちょっと考えます。

というか、・・・案が浮かばない。

角度調整や高さ調整が簡単にできる机となると、やっぱり市販のアルプパイプなどのデスクが安価で使いやすいんじゃないかと思いますね。

結局、いつものように考えながら作ってみることにしました。

とりあえず天板をつくる|ヒノキとケヤキ

f:id:KG555:20160320180022j:plain

天板には、ヤフオクで落札した、ちょうど厚みが同じヒノキの板が3枚ありました。

吉野ヒノキ2枚セットと、真ん中が木曽ヒノキです。

かなり高品質!

これで100×60cmくらいになりますので、もうこれ使うしかないです。

f:id:KG555:20160320180136j:plain

桧の天板だけでは面白くないので、枠に欅の木を使ってみます。

f:id:KG555:20160320180648j:plain

いつものようにビスケット用の穴をあけて、

f:id:KG555:20160320180714j:plain

ビスケットを入れて木工ボンド付けて、

f:id:KG555:20160320180820j:plain

クランプでがっちり締め付けます。

ここで使った道具

  

 

f:id:KG555:20160320180932j:plain

ケヤキの板は桧の厚みに割って長さをそろえます。

f:id:KG555:20160320181024j:plain

墨付けをして、

f:id:KG555:20160320181133j:plain

丸ノコでカットしていきます。

f:id:KG555:20160320181236j:plain

単純な構造にしました。

f:id:KG555:20160320181324j:plain

くっつけた天板は凸凹をある程度鉋で削ります。

f:id:KG555:20160320181428j:plain

天板の両サイドを丸ノコできれいにカットします。

f:id:KG555:20160320181547j:plain

欅の枠を桧の天板に組みます。

けっこうきつい!

f:id:KG555:20160320181658j:plain

木槌で叩いて押し込んだら、欅の端っこが割れました。

仕方ないので、タイトボンドⅢで接着します(強力)

f:id:KG555:20160320181907j:plain

とりあえず接着終了

f:id:KG555:20160320181952j:plain

補強と荷物フック用に、側面(左右)に穴をあけて、

f:id:KG555:20160320182102j:plain

硬そうな木の丸棒を打ち込みました。

f:id:KG555:20160320182209j:plain

表面はある程度ペーパーなどできれいにしておきます。

とりあえず、天板は完成

 

つづきはこちら↓ 

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net