田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

石油ファンヒーターの高熱と異常停止|掃除してわかったこと

f:id:KG555:20151220093514j:plain

今冬は石油ファンヒーター3台をフル稼働中です。

とくにダイニチの大型ヒーターは、余熱なしで45秒で温風が吹き出すすぐれもので、大活躍。

それとは別に、私の狭い部屋には、20年以上もつかいつづけている石油ヒーターがあります。

これが、小さいのに9Lも灯油が入るすぐれものなのですが、ここしばらく、ときどき、燃焼中に、いきなり緊急自動停止して電源が落ちます。

 

そうなると、ボタンを押しなおしても、しばらくはうんともすんとも反応しません。

そして、ヒーターの上を触ると、、

ものすごく熱くなっています!

発電ならぬ発熱!?

あれ、これって普通なのか!?

新しいタイニチヒーターのほうを触ると、そうでもないんですけど・・

ヒーター内部もメンテは必要だった!?

フィルターのホコリは定期的に掃除はしていますが、ヒーターの自動停止でしらべてみると、ヒーター本体の中も掃除をしたほうがよさそうです。

で、うしろから開けてみることにしました。

f:id:KG555:20151220093538j:plain

後ろのファンの吸い込み口の部分。

ドライバーですぐにあきます。

ここから、風を送って、中のストーブが前に噴出すしくみですね。

よく考えると、かなりシンプル。

f:id:KG555:20151220093835j:plain

!!

なんだこれ・・・

すっごいホコリがべっとりついています。

しかも、ホコリが黒こげになってる(汗

f:id:KG555:20151220093945j:plain

原子炉建屋内も誇りがベットリついてきれい♪

しかも、原子炉周辺のホコリは、核融合を起こしてこれまた灰色から黒にグラデーションしていますww

これでは、いつ事故が起こるか分かったものじゃありません。

緊急自動停止していた原因はこれなのかも。

f:id:KG555:20151220094057j:plain

とにかく、掃除機と歯ブラシで○射性物質が散らばらないようにきれいに掃除してあげました

※あくまでもヒーター内部はメーカー保証対象外だと思います。自己責任で掃除してください。ファンのセッティングミスなどもありますので、慣れない人はまねしないように!