田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

木工作業に必要な集塵システムを作る|自宅DIYでできる掃除ダクトの配管

f:id:KG555:20151210170324j:plain

すみません。木工ネタがつづいています。

作業台を作ってから、どうしても必要だったものが、

集塵機でした。

しかし、掃除機をより使いやすく、効率的に活躍させるために集塵システムを構築しました。

 

集塵機に集塵ダクトホースとパイプを配置

f:id:KG555:20151210170514j:plain

先日からつかっているサイクロン集塵機。

なかなか調子がよくてお気に入りなのですが、一つだけ問題がありました。

ホースが小さいので大きな木クズと長いカンナクズは吸い込めない、ということです。

まぁ、普通の掃除機でも同じことですので、それは個人レベルでは良しとします。

ダクトホースはなるべく太いもので、先のルーターテーブルについていた集塵アダプターが径65だったので、それに統一しました。

さすがはアマゾン。

なんでもあります。

f:id:KG555:20151210171020j:plain

2.5mほどのダクトホースを壁に這わせます。

f:id:KG555:20151210171139j:plain

そして、硬質ダクトにつないで、作業台に寄せます。

宙に浮いてますが、硬質ダクトは好きな形に曲げて止めることができるので、すごく便利。

もう少し工夫して、これにチリトリのような広いノズルをつけたいです。


 

 f:id:KG555:20151210171446j:plain

集塵機とダクトホースの接続はこんな感じ。

集塵機のホースの径がメーカーによってバラバラなので、これが迷うところですが、パイプの径(40・50・60など)にひとつでもあわせられれば、あとはジョイントがあるので、それで65(パイプは50というやつ)のダクトにつながりました。

f:id:KG555:20151210172146j:plain

ルーターは作業台の下です。掃除機のノズルを入れ替えて、使うときだけルーターのほうの集塵ダクトにセットします。

 

f:id:KG555:20151210171809j:plain

ちなみに、以前木工教室に通っていたばぁばが、こんなものを持ってきてくれていました。

何かと思ってたのですが、これ、脚で踏んだらスイッチが入るという仕組みのジグでした。

すげー!

ということで、集塵機をこれに使っています。

で、脚で踏むといつでも掃除ができるようになっています。

これが一番革命的♪

f:id:KG555:20151210172015j:plain

電源は、スイッチ付のタップを使って、省エネ。子供が誤って作動させたりしないようにもなり安全ですね。

過去記事

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net

 

 フットスイッチの追加記事書きました

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net