田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

歩いて遊んでよく食べる|田舎の通学が楽しそう

連休にはいってきましたが、子供もだいぶん慣れてきました

まだ、「東京がいい」、とか言っていますが、なかなかコチラの生活も楽しそうです。

学校まで3.3kmの道のり。

朝6:30に6年生のお兄ちゃんが迎えにきてくれます。

この子ともすごく仲良くなっていますが、下校は、低学年生のみのときと、全校生徒いっせいに下校するときがあります。

ウチのある集落は、小学校から遠方ですが、1年生から6年生まで二十数名ほどで、わいわいしながら帰っているので楽しそうです。

今日は、帰ってきてから、同じ地区の同級生4人で集まって遊んでいました。

だんだん慣れてきたようです。

   

こちらの田舎町には、ぜんぜん児童公園がありません。

東京にいたときには、無数に公園がありました。

遊ぶところなくて、ちょっとどうかな?と思っていましたが、そんなことは心配無用でした。

仲間が増えてくると、田舎は自由で楽しいはずです。

 

たくさん歩いて、遊んだら、よく食べるし、よく眠れるし。

これが自然体っていうのでしょうね。