田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

トタン屋根の下、雨音を聞きながら|長野県諏訪・富士見での移住生活

八ヶ岳にきて初の大雨が降りました。

移住してきてからの初めての雨ですが、それでやっと気が付きました。

移住先の家の屋根は、トタンだった。

今どきトタンは少なくなっていると思いますが、懐かしいような雨音がポツポツと響きます。

雨音が聞けるのはトタン屋根の特権のようです。

山小屋とか田舎で聞いたことのある雨音が、なんだか寂しいような癒しのような、そんな気分にさせてくれます。

まぁ、富士見町は晴天率高目だから、いいのかもしれません。。

そのトタンの屋根ですが、簡単に登ることができます。

また、サビついてるおかげか、滑りにくいです。

子供でも登れます。

そして、ウチの子は、のび太の家みたい!といっています(笑

f:id:KG555:20150414100108j:plain

この日は入笠山方面、雲に覆われていました

 

 

屋根についてちょっと調べてみました。

屋根には、

①スレート

②日本瓦

③セメント瓦

④トタン

⑤ガルバリウム鋼板

などがあるようです。

選ぶときのポイントは、重さ・寿命・強度・コストなどのようですが、

トタンの場合は、

安価で軽量だが「防錆性・防音性・断熱性」が非常に劣る屋根材」

だそうです。

 

その後、雷が鳴りました。

どぉごぉおおおおん!

家が、震えてる・・・(汗

 

もし、新築することがあったら(ないと思うけど)ガルバリウム鋼板がベストかなぁ・・・

 

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net