田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、信州・長野県富士見町の田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での貸家生活と田舎暮らしDIYの、感謝の日々を綴るブログです

満員電車の帰り道|田舎から初めての出張

初めての移住先からの出張でした。
結論から言うと、羽田空港までは、さほど負荷はなかったです。
というのも、自宅から、高速バスのバス乗り場まで、歩いて15分程度だったからです。
あいにく、空港行きバスはありませんが、新宿行きのバスが1時間に1本くらい走っています。
すべてネットで予約できるので手間はありません。
あとは高速の渋滞が今後あるかどうかというところですね。
新宿から、山手線と京急を乗り継ぎます。
負担だと感じるのは結局は山手線の混雑だったりします。
(なので、時間に余裕があれば、新宿から、そのまま空港行きのバスにのるのがよいかもしれません)

でも、気持ちのスタンスが違います。
ケータイに夢中になるサラリーマン諸君らを、冷静に見ている自分がいます。
座席が空いても、無駄に座らなくても行ける余裕。
長いこと座るからせめて電車くらい立っておこう…

空港からの帰り道、山手線は相変わらずの混雑。
私の隣にお婆さんが立っていても、みんな知らん顔。
席を譲るのが恥ずかしい、くらいのレベルならまだかわいいのですが、もう完全に無感情。自分の周りは単なる景色、の世界です(汗)
別にモラルを訴えているわけではないです。
ただ、心がないこと、無意識の総支配に気づかなければと思います。

そう、私が10年前にまだサラリーマンで新宿通勤していた時、会社を辞める引き金になったのが、この通勤ラッシュでした。
京王線新宿駅に並ぶ長蛇の行列で、ホームの扉が開くときに開催されるミニイス取りゲーム♪
老楽男女入り乱れての無差別タイトルマッチ…
立ちっぱなしの年寄り、寝たふりのオッサン、スマホに夢中の若者…
誰を責めるともないけれど、
私はここにいるべきではない!!
と思ったのを今でも覚えています。

その一週間後に会社に退職願いを出している自分がいました(笑)

生活水準だとか、トレンドだとか、出世だとか、収入だとか、そんなことの前に、視点を高める気持ちを常に持つことの大切さ、それに気づいているか否かは大きい。