田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

とうとう八ヶ岳に引越し|さよなら東京 田舎暮らしの出発

八ヶ岳にきてしまいました!

引越し完了!

かとおもいきや、実は部屋中にダンボールと据え置きの家具やらモノやらで埋め尽くされて、引越し作業の本番はこれからだったと感じます…>┼○ バタッ

f:id:KG555:20150404211231j:plain

でも、ここに来れた事はもうまぎれもない真実。あとは、一つ一つ整理していくだけです。

それにしても、ここに来るまでに、たくさんの人たちにサポートされていたことを実感します。

そのサポート抜きにはここまで来れなかったと思います。

ただ感謝です。

さよなら東京|八ヶ岳へ移住

結局8年くらいいた東京。神奈川もあわせると、10年くらいでしょうか。都会の生活。

初めて上京した日に、道を聞いた人に無視されたのが衝撃的なカルチャーショックでした。

いまでは、電車やスーパーのレジ、レストランに並ぶのも慣れましたし、渋滞もたくさん味わってきました。

そして、いつのまにか無感情になるのを拒んだのか、会社をやめ、なんとか自由になろうと生活していました。

なので、普通のサラリーマンの方々よりはかなり融通の利く生活だったと思います。

でも、やっぱり移住したかったんだと思っています。

なぜかって?

それは、この人生では、

東京に自分かいる必要がまったくなく、

田舎に行く必要があったからです。

まぁ家族は、ママトモなどの近所付き合いも深くなり、別れは寂しいものがありますが、基本、「変化」に対して、すべて受け入れて生きたいというスタンスでいます。

人はどうしても「変化」を恐れます。

恐れないとおもっても、

「いつもと違うじゃん!」

とクレームをいれ

「おもってたのと違う!」

とイチャモンをつけるのです。

それが変化に対する恐れのカケラです。

無意識の領域を認識し、変化を受け入れる。

そこから移住はよりよいものになるのではないでしょうか?

 

さて、ともあれ、東京も、まぁそこそこ行くと思いますし、もう未練はありません。

そして、この標高900mの高地での移住でどんなことがはじまるかワクワクしています。

まぁ、いまのところ、ワクワクというより、バクバクかもしれませんが(笑

 

 

前回の記事 

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net