田舎に暮らすぞ計画

東京を離れ、田舎に移住・・・八ヶ岳山麓での生活と田舎暮らしDIYの、発見の日々を綴るブログです

とうとうこの日がやってきた|長野に移住決定!?その2 最後の物件探しへ

「清里の近くにある農地付物件。就農したい人には最適です」

 そんな見出しの物件がありました。

 

4LDKで家賃3万円!?うそでしょ…

前回までの記事はこちら 

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net

 

 ということで、不動産屋Aに連絡をとって下見にいくことに。

うーん、でも、地図で見ると、かなり「地の果て」感がある場所。

そして、大雑把な敷地図には、土地の横幅が70m・・

な、ななじゅうめーとる!?

なんかありそうです。

 

しかし、卒園式2日後に予定して、これが、タイミングとしてはラストチャンスっぽい感じでした。

これがダメなら、半分あきらめて、まだまだ気長に待つしかないという予感。

 

この農地付物件は山梨県の田舎くらし人気NO1の北杜市である、清里!

…からわずかに離れた、南牧村の物件でした(笑

 

ところで出発前日に、ある不動産屋Bさんからメールが来ていました。

「賃貸物件について、駐車場込みの金額を提示頂きましたが、駐車する台数は1台ですか? とりあえず1台駐車できればとのことであれば、1件、物件が出てまいりました。取り急ぎ、お知らせまで。」

物件が出たという情報だけで、条件など一切なかったのですが、もう下見にいくのは決まっていたので、1軒より2軒みたほうがいい、ということで、メールで、とりあえず下見にいきたいのでお願いします

とだけ返事していました。

 

さらに、茅野市できになっていた物件があったのですが、別の不動産Cからの返事で、

「貸主様とは以前連絡が付かず物件をご覧頂き気に入って頂いてもお話しが前に進まない可能性が有る状態です。・・・」

   

とりあえず当日、いつものようにブーブー言っている娘をなんとかおだてつつ、中央道を田舎へ走らせたのでした。

 

まずは、本命の農地付3万円。

70mの畑!

すごいけど、、、、

畑やったことない・・( ̄□ ̄;)ガーン

 

f:id:KG555:20150320220854j:plain

で、

結果として、

ダメでした(T-T*)

ダメダシ① 民家のある集落から離れているのですが、小学校へのスクールバスのバス停すらはるか遠い

ダメダシ② その物件は古いのはしかたないにしても、さらに農業小屋とかがひどい荒れようで、ちょっと手入れがハンパない。

でも、なぜか農地に隣の農家の重機(ユンボー)やらがおいてあったので、最悪なんとかなりそうでした。

ダメダシ③家を挟み込むように、牛舎小屋があった。

もうこの③で私的にはNGでしたね。

牛のフンの臭いが・・・・

 

こんなこといってたら、田舎暮らしはできねー!って言われそうですが、

これでも、宮崎県の都城市に2年住んでいたことがあるのですが、都城といえば、子牛の産地でして、それはアチコチに牛舎があるんです。

で、夏になると、当然窓を開けて眠るのですが、あの臭いを嗅ぐと、かなり気持ち悪くなってしまいます。

もう臭いが鼻についちゃって、あれでした^^;

 

ということで、ほぼ終了・・・

 

はぁ、これで、新学期にむけての引っ越しはダメだったな。

もう、これ以上、執着するのも、すごく疲れそうだし、気持ちを、明らかにして(あきらめて)、しばらくは省電力モードで過ごそう・・・

そんな気になっていました。

 

とはいえ、13時に富士見町役場前で、不動産屋Bと待ち合わせをしているので、そこが終わったら、温泉に入って帰ろう!ということにしました。

 

11:30.

もう、お昼たべてる時間もないね。

清里駅前で、パンを買って車中でモグモグ

 

ところで、清里って、「さびれ」からすこし復活したような印象でした。

前は、もっとシャッター通りのイメージでしたが、新しいお店なんかもチラホラあって、活気がもどりつつあるのを感じます。

実際はどうなのかわかりませんが・・

 

そして、雨とガスがたちこめる八ヶ岳ロードを走り、富士見町へ。

 

このあと、思いも寄らぬ展開が待ち受けていました。

田舎暮らしを思いつつ、5年来、日々行動してきたこと。無駄にすごしていたのかに見えたこと、その本当の意味というのが、結果として現実のものとなったということを知った瞬間でした。

 

また続く(ごめんね

 

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net